塗装業界のことを知ってください

「業者によって言うこと、金額がバラバラ!」
「チラシにネットに訪問販売、何を信じていいのか分からない!!」
「外壁塗装の金額はどれが適正なの!?」

お客様から頂く声です。お客様が判断できるだけの情報が得られていないからこそ何を信じていいのかわからなくなっているように感じます。塗装業者は以下4つのことを認識した上で選んでください。

注意1:見積書に「平米表記」がある
まずは以下の見積りをご覧ください。
例)外壁塗装工事見積書
工事名称 数量 単価 金額
フィラー下塗り 100m2 600円 60,000円
水性シリコン中塗り 100m2 800円 80,000円
水性シリコン上塗り 100m2 800円 80,000円
いかがでしょうか? 問題ない見積りのように感じたとしたらご注意ください。数量部分が「平米」となっています。この場合、塗料缶数がいくつなのかわかりません。
見積りは下塗り材・上塗り材・施工費を区分けして、必要な塗料缶数を明確に記載することが不可欠です。必要な塗料缶数を出して塗布量を守ることが手抜き施工の防止に繋がります。以下の見積り例のようにメーカー名・商品名を明記してあるべきと考えます。
例)外壁塗装工事見積書
工事名称 数量 単価 金額
日本ペイント 水性シーラー 15kg 1缶 15,730円 15,730円
日本ペイント 水性シリコン 15kg 1.5缶 27,000円 40,500円
シリコンプラン施工費 100m2 1,200円 120,000円
また、見積りを缶数で表記するのは手抜き施工を防ぐという意味合いもあります。上記のように平米表記の見積りでは実際に塗料を何缶使用するのかわかりません。つまり他の現場で余った塗料を使いまわしたり、必要以上に水で希釈して(薄めて)材料費を抑えられてもわかりません。缶数表記の見積りなら納品される材料が明確なので手抜きができません。
お見積り
注意2:メーカーによりシリコン塗料でも値段が変わる
シリコン塗料は塗装業界で一般的に使用されています。よく使われているこのシリコン塗料、メーカーや性質によって値段が異なる(場合によっては2倍にも!)ことをご存知でしょうか?
UV非対応かどうか、どこのメーカーか、金額が大きく異なるので注意してください。
メーカー性質によって定価が異なる
注意3:外壁と付帯部で塗料を変えてはいけません
外壁などの主剤と付帯部(雨樋・破風・雨戸)で塗料を変えるというときはご注意ください。主剤・付帯部がどちらもシリコン以上でしたら問題ないのですが、主剤はシリコン・付帯部はウレタンというのはお勧めできません。
この組み合わせは塗料の耐用年数が異なります。バランスが崩れると素材自体が持たないこともあります。数年後に追加工事が発生すると余計な費用がかかります。それを避けるためにも塗料は同じにするかまたは両方ともシリコン以上にすべきといえます。
主剤と付帯部での塗料の違い
  1. 続きはこちら…
  2. 外壁塗装リフォームは本当に必要なの?
  1. 外壁塗装リフォームは本当に必要なの?
  2. リフォームで失敗しない業者の選び方
  3. 塗装業界のウラばなし
プロタイムズ総研の無料ビデオ診断はここまでやります!!
  • 施工事例を見る
  • お客様の声
  • 小冊子プレゼント
  • お問い合わせはこちら
日本最大級、プロタイムズ総研の外壁塗装
プロタイムズ総研足立店
東京都足立区扇2-25-1 扇橋会館2F
お問い合わせはこちら