外壁塗装で気を付けるべきポイント

ここでは外壁塗装リフォームにおいて気を付けるべきポイントを4つご紹介します。最低限これだけ気を付けておけば失敗しない施工を行えるでしょう。

ポイント1:金額の安さだけではない
外壁塗装は安くはない費用がかかります。ここを値段だけで選んでしまうと、手抜き施工や低品質といったことに繋がります。塗料の選定と耐久年数と価格のバランスを総合的に考えて塗装業者を選ぶべきです。
価格だけではない
ポイント2:契約書を締結すること
絶対にしてはいけないことは口約束です。トラブルを未然に防ぐためにも請負契約書をきちんと締結してください。契約約款やクーリングオフの記載など、納得した上で施工を依頼すべきです。企業規模や法令遵守という点も判断すべき基準となります。
契約書を交わす
ポイント3:保証年数は長さだけではない
外壁塗装をすると保証が付いてきます。このとき保証年数の長さだけで決めてはいけません。塗装後10年も経つと経年劣化と不良施工の見極めが困難です。「保証年数は長いけれども保証とならなかった」なんてことになったら意味がありません。
保証年数だけではない
ポイント4:塗布面積は明確に算出する
屋根塗装・外壁塗装の塗装面積は明確にする必要があります。ざっくりと曖昧に出した金額は本当に適切な値段と言えますでしょうか? 明瞭会計とするためにも塗布面積はCADで図面を出し算出することが大切です。ひいては無駄のない施工に繋がります。
『現在の家がどのような状況であるか?」
「どのような材料を使い工事を行うか?」
「どのような工程・どんな職人さんが入るか?」
塗装のプロだからこそ答えることができて当然です。曖昧な回答をする業者はご注意ください。
女性でも安心
  1. 続きはこちら…
  2. 塗装業界のネタばらし
  1. 外壁塗装リフォームは本当に必要なの?
  2. リフォームで失敗しない業者の選び方
  3. 塗装業界のウラばなし
プロタイムズ総研の無料ビデオ診断はここまでやります!!
  • 施工事例を見る
  • お客様の声
  • 小冊子プレゼント
  • お問い合わせはこちら
日本最大級、プロタイムズ総研の外壁塗装
プロタイムズ総研足立店
東京都足立区扇2-25-1 扇橋会館2F
お問い合わせはこちら