外壁塗装が必要な理由を解説します

「家の塗り替えは何年ごとに行うのですか?」
よく聞かれる質問の一つですが、特に決まりはありません。
「5年〜7年」「10年くらい」
色々と説明はあるかもしれませんが、大事に至る前に行うことが大切で、おおよそ10年くらいが目安となります。

「100万もかけて塗装をやる意味が本当にあるのか?」
「特に雨漏りもしていなしなあ」
色々とお感じになられるかもしれませんが、一度お考えください。これからその理由をご説明いたします。

そんな風にお考えの方是非お読みください!
塗装の目的1:永く住み続けられます
ほうっておいた外壁は塗装が剥がれヒビが割れます。ヒビが割れると建物の中に水が浸入しやすくなります。その結果内部に水が入り土台や柱が腐ってしまいます。水の浸入を防ぐこと=防水することで永く住み続けることができます。
塗装の様子
塗装の目的2:二次被害を防ぎます
建物が雨漏りするとどうなるかご存知でしょうか? 建物の躯体である土台や柱が腐り、腐朽菌という菌が発生しシロアリを呼ぶ可能性があります。右の写真をご覧になるとおわかりになりますが、塗装ではどうしようもなくなります。早めの外壁塗装が予防になります。
水が浸入しカビ・コケ・ナメクジまで発生
塗装の目的3:美観を保つ
外壁塗装をすると見た目が新築のように感じられます。
「新しい気持ちで住むことができる」
お客様から言われることがあります。気分が一新し生活にメリハリが出るとのことです。
塗装後の住宅
簡単にチェックできる3つのチェックポイント
  1. 続きはこちら…
  2. リフォームで失敗しない業者の選び方
  1. 外壁塗装リフォームは本当に必要なの?
  2. リフォームで失敗しない業者の選び方
  3. 塗装業界のウラばなし
プロタイムズ総研の無料ビデオ診断はここまでやります!!
  • 施工事例を見る
  • お客様の声
  • 小冊子プレゼント
  • お問い合わせはこちら
日本最大級、プロタイムズ総研の外壁塗装
プロタイムズ総研足立店
東京都足立区扇2-25-1 扇橋会館2F
お問い合わせはこちら